血流を上げれば足のむくみは対策できる!

血流を上げる方法は簡単!むくみの悩みはこれで解消!

血流を上げれば足のむくみは対策できる!

足のむくみに悩んでいる女性は非常に多く血流をあげるだけで改善できることを知らないという方が殆どです。
血流を良くする方法は意外と多く、しかも普段の生活に一工夫加えるだけで十分に改善策となるものばかりなのです。

 

血流を上げるための方法としては、まずは食生活から改善するという方法が挙げられます。
様々な食品の中にも、血流を上げる食品はたくさんあります。

 

また、むくみサプリメント(http://xn--w8jd7gxcd43a9hmfq503ao3zd.jp/)を食生活にプラスすることでより一層効果的に血流を上げることも可能となりますし、食品ではなくても>漢方薬の力を借りて血流アップしむくみ知らずな体質を目指す方法もあります。

 

漢方薬であれば、副作用なども化学製品を使った薬のようなものは出ないので安心です。

 

食べること・飲むこと以外でも血流を上げる方法はいくらでもあります。

 

血流をあげることと新陳代謝をあげることには深い関わりがあります。
そのため、運動を行い代謝をアップさせることで血流も代謝と比例するようにアップさせることができるのです。

 

血流を上げれば足のむくみは対策できる!

更には、入浴時に普段の入浴とは少し違う入り方をすることで血流を上げることができたり、更にはストレッチマッサージなどでリンパ腺を刺激して血流もアップさせるということも可能となります。

 

マッサージなどは、リラクゼーションマッサージを行ってくれる店でしてもらうのも良いですし、自分でツボなどを調べて行うことも非常に効果的です。

 

どの方法にしても実践するのに難しすぎることもないですし、お金がとてもかかるというものもありません。
一旦悪くなってしまうと、どんどんどんどん悪化してしまう血流ですが、良くするのにはそこまで苦労しないものなのです。

女性と血流の関係

 

血流が悪くなると女性にとって死活問題とも言える美容に関するトラブルが多く出てきてしまいます。

 

血流が悪くなることは、老化(肌のたるみやシワ)を招きますし、シミをできやすくしたり、むくみを起こしやすくなったり、痩せにくい体質になってダイエットの邪魔をしたり、冷え性になったりと、様々な悪い影響ばかりを引き起こすわけです。

 

しかも、血流が悪いことはバストアップの妨げにもなるという事実が分かっているので、血流が悪いということは女性にとって悪いことだらけになってしまうのです。
もちろん、男性にも問題はあるのですが、中でも特に女性にとっても重大な問題となる点があります。

 

女性と血流の関係

それが血流が悪くなることによって不妊になりやすいということです。
反対に言えば、血流を上げることで不妊体質を改善することができるということになります。

 

血流が悪くなるということは、妊娠しやすい体とかけ離れた体を作り出してしまうのですが、例えばそれは血液の流れが原因で正常な排卵がされなくなったり、せっかく妊娠しても胎児に十分な栄養を送ることができなくなり、胎児が育てず流産してしまうなどの危険性を伴うことになります。

 

もちろん、不妊に悩む女性の全員が全員、血流が原因で不妊になっているわけではありませんが、大きな原因の1つになっていることは確かです。

 

不妊に悩む女性は、まずは自分の血流を上げることを考えてみると良いでしょう。
特に男性に比べて女性は血流が悪くなりやすいので、血行を意識するようにしましょう。

 

特に下半身の血流をあげることを意識して不妊を改善することができますので、下半身にある程度必要な筋力をつけるために日頃からウォーキングなどを行うなど、意識をした生活を心がけるようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

血流を良くするために摂取を心がけることをオススメしたい食品はいくつかあります。
その中でも、まず押さえておいてほしいのは“血流を上げるのにはまず血液を健康にする”ということです。

 

血液がドロドロの状態では、もちろん血液が健康とはいえませんし、血流も決して上がることはありません。
つまり“血を健康にする”ことを前提として考える必要があるわけです。

 

血を健康に、血をサラサラにする食品・・・といえば、すぐに思い浮かぶのは“タマネギ”ではないでしょうか?

 

食生活で血流を上げる

食生活で血流を上げる

食生活で血流を上げる

 

その他にもニンニクや納豆、白身の魚なども血液をサラサラにする効果が高いといわれている食品なので、そういった健康な血液を作るのに役立つ食品を摂取することを心がけるようにしましょう。

 

反対に、食品の中には血をサラサラにしてくれるものもあればドロドロにしてしまうものもあります。
意外なところでは赤身の魚がそうですし、知られているものでは脂身の多い肉類や乳製品があります。

 

食生活で血流を上げる

もちろん、ファストフードコンビニ弁当などの外食に関しても、血液をドロドロにしてしまうほどの脂が含まれているので避けるようにしたほうが良いでしょう。

 

血液をサラサラにする食品をとっても、ドロドロにする食品を一緒に食べてしまえば、影響としてはどうしても悪い影響の方が強め、強めに出てしまいます。
そのため、血流を上げる食品を食べるなら、ドロドロにする食品は一切断つことです。

 

イメージとしては、洋食はどちらかというと血液をドロドロにしてしまう食品や調味料を多く使っているので、和食中心の生活にすることで血液をサラサラに、血流を上げやすい状態にすることが可能となるでしょう。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

整体で血流を上げるとは?

血流を上げる方法として、自分ではどうしようもない場合には整体に頼る方法があります。

 

整体というと、骨をバキバキと鳴らされそう、痛そうなイメージがあるなどと敬遠している人も多いことと思います。
実際、骨をバキバキと鳴らすところも絶対にないとは言いませんが、整体ではそうするところは比較的少なく、派手にバキバキと鳴らすところはカイロプラクティックに多いといわれています。
なので、整体では基本的には安心して良いでしょう。
バキバキと鳴らされるのが嫌なのであれば、最初にそれを確認してみるようにすると良いでしょう。

 

さて、何故整体に頼ることが良いのかというと、骨格が歪んでしまっているせいで血流が悪くなっているケースが非常に多いからなのです。
猫背になってしまうと、それだけで血管が圧迫されてしまい血流が滞ってしまうことになりますし、それが原因で頭痛や肩こり、腰痛などに繋がる場合があるのです。
リラクゼーションマッサージの店に行くことも筋肉の凝りをほぐして血流を上げるのに良いのですが、いくら筋肉の凝りをほぐしたとしても、結局は骨格が歪んでしまっていては根本的な改善がされていないことになりますから“とりあえず”の処置ということになってしまうのです。

 

整体で血流を上げるとは?

根本的な血流の滞りの原因を改善し、血流を上げるには、整体で骨格の歪みがないかチェックしてもらうことがとても重要になってきます。
どんな方法をとっても血流が上がらない、改善されないという場合には、整体で骨格のチェックをしてもらいましょう。
骨格に血流のトラブルの原因があるかもしれません。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

サプリメントで血流を上げる

サプリメントで血流を上げることも可能といえば可能です。
すぐに効果が現れて実感ができるというほど即効性のあるものはありませんが、サプリメントのメリットとして副作用がなく栄養素を摂取し、安心して継続できるという点があります。

 

血流を上げるにもこれを最大限に活かさない手はありません。
つまり、継続してサプリメントを飲み続けることが必要になるわけです。

 

食べ物で血流アップを意識するときには血液をサラサラにしてくれる食品を多く摂るように心がけると良いのですが、サプリメントの場合にはまた違うところに着目するようにしましょう。
それが、“血管”です。
結局のところ、血流を上げるためには血液がサラサラで健康でないといけませんが、そもそも血管がしなやかで柔軟性のあるものでなければ血流が良くならないわけです。
サプリメントで血管を柔軟性のある健康なものにしていくことで、血流を上げていくことを意識してみると良いでしょう。

 

血管を健康にするのに必要な成分というと、まずはコラーゲン、また老化を防ぐ抗酸化作用のあるポリフェノールなどがオススメです。

 

血管を柔らかくするには食べ物でくるみなどが非常に有名であり、くるみを毎日食べ続けていると食べ続けている期間が長ければ長いほど、血管が若返ることができるといわれていますが、これはくるみに含まれるDHAやEPAが深く関係しているといわれています。
ですから、サプリメントでもDHAEPAを含んだものをチョイスすることをオススメします。

 

また、ポリフェノールでなくてもビタミンEが含まれていればこれも抗酸化作用のある栄養素なので血管を若返らせてくれる効果が期待できるのです。

 

サプリメントを使用する場合は、血液そのものよりも血管を意識して商品を選ぶようにし、そして食生活では血液そのものを意識する・・・。

 

血管と血液を違う方法からダブルで健康にして早く血流を上げられるようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

マッサージで血流を上げる

マッサージで血流を上げることは、かなり即効性が高く早くに効果を得ることができる方法となります。

 

肩が凝っている人であれば、いかにマッサージが血流を上げてくれるのかというのが良く分かっていると思います。
少し体の凝りやむくみを感じたときに自分で最初に行うケアがマッサージであるという人も非常に多いでしょう。

 

体の凝りが血流が悪くなっているせいであると知っていても知らなかったとしても、マッサージすれば症状がとても軽くなるのは経験している人なら分かることでしょう。

 

マッサージは非常に重要な血流の滞りを改善する方法、そして血流をアップさせる方法なのです。
間違ったマッサージをしてしまうと余計に血流を悪くしたり、それが原因で余計に凝りがひどくなることなどもありますので気をつけなければなりません。

 

マッサージで血流を上げる

マッサージといっても、揉んだり、叩いたり方法は様々になりますし、部位によっても叩いたほうが良い部位、揉んだ方が良い部位があります。

 

ですが、揉むにしろ叩くにしろ、やりすぎないことがとても重要になります。
強く揉んだり叩いたりすればいいわけではなく、優しく撫でるだけでも血流が上がることもありますから、痛みを感じるほど強く行わないことです。

 

また、血流を上げるのであれば凝っている、調子が悪い、その部分だけをマッサージするのではなくその付近全体を揉んだり叩いたりして血行を促すようにしてください。
一部だけ集中的に叩いても、決してそれはきちんと症状が改善されることはありません。
また、体が冷えていてはマッサージを行っても全く意味がありませんので、入浴中に行うなど、体がしっかり温まっている状況で行うようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

運動で血流を上げる

血流を上げる方法として敬遠されがちなのが“運動です。

 

運動といっても、短距離走など息が切れる苦しい運動・・・つまり無酸素運動のようなものは血流アップの効果には繋がりにくいとされており、有酸素運動という、ジョギングやウォーキング、スイミングや水中でのウォーキングといった、比較的長時間続けても辛くない運動が血流を上げるのに役立つといわれています。

 

とはいえ全く運動をしたことがない人が、“今日から毎日ジョギングをする”と決意しても、初日で嫌になってしまうケースは非常に多く、長く続けられるように無理なくスタートすることが重要になってきます。
ですから、自分に出来る範囲の運動から始めてみましょう。

 

普段全く歩かない人でちょっとした移動でも車などを使ってしまうような人は、コンビニ程度であれば車ではなく歩く、いつも乗っているバス停から1つ先まで歩いてみる、電車の駅も1駅分歩いてみる・・・。など、普段の生活にプラスちょっとした意識を沿えるだけでできる程度のことから始めるのです。

 

慣れてくれば、ちょっと今日はジョギングでもしてみようかな?と始めてみれば、運動を行うことで代謝が上がり、脂肪燃焼効果までオマケについてくる上に血流までアップして不健康な体を卒業できるのですから良いことだらけになります。

 

それでも血流アップのためだけに生活を変えるのは少しだとしても嫌だと思うのであれば、歩くときに歩き方を意識してみると良いでしょう。
早歩きで、上半身から歩くのではなく、しっかり下半身から歩いていることを意識していつもより早めに歩くのです。

 

下半身をしっかり動かして歩くことで、血流がみるみるうちに良くなりますから足元が暖かくなってくるのが分かるようになります。
そうなれば、血流を上げるウォーキングができていることになるわけです。
その際には腕もできるだけ大きく振って堂々と歩くようにすることで余計に血流を上げることが可能となりますので、そういったできることから運動を始めてみるようにしましょう。

 

運動をしようと思えるのであれば、30分程度で良いので腕を大きく振ってダラダラとは歩かず大またでしっかり下半身を意識して呼吸も鼻から吸って口で吐く呼吸を行い歩くことをオススメします。

 

そのときにはもちろん普段何気なく歩くときよりも早足で歩くようにしてください。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

下半身の血流を上げるのは難しい?

人の体で血流が悪くなりやすいのは、“下半身”です。
地球には重力があります。
どうしても下半身に血が溜まりやすくなってしまい、下半身に溜まった血が上半身へと送り出される力は上半身のそれと比べて弱くなってしまいます。
それは仕方のないことです。
ですが、仕方のないことと放置しておくわけにもいきません。

 

下半身の血流が悪くなるという原因は、筋力の低下が大きく関係しています。
下半身の筋力が低下してしまうと、どうしても血管が血液を上半身に送り返す力が弱まってしまうので血流が悪くなりやすいのです。
そうなれば、体に様々な問題が出てきますし、その問題の中には命に関わる非常に危険な問題も含まれることになります。

 

そうならないためにも、下半身の筋力を鍛えてしっかりしたものにしておくことが重要となります。
常日頃から下半身の筋力を落とさず、更につけるよう意識すれば血流を上げることが可能となるわけです。
だからといって、日頃から筋トレを行えというわけでもありません。

 

それも確かに効果的ではありますが、毎日それを続けることは容易なことではありません。
ましてや運動を普段からしていない人が筋力が低下してしまうのであって、そういった人は筋トレとは無縁な生活をしている場合がほとんどなのです。
そんな人に、筋トレを行えといっても無理な話ですし、1日2日続けたとしても、長期的に続けることはよほどの覚悟がなければできないでしょう。

 

ですから、筋トレをしてすぐに筋肉をつけようとはせず毎日ちょっとずつでいいのでウォーキングをして下半身の筋力をつけるようにしましょう。

 

また、下半身は血流が悪くなると冷えやすくなりそれが原因で余計に血液の循環が悪くなるという悪循環に陥りやすい場所でもあります。
ですから、まずは下半身を冷やさないこと。

 

下半身の血流を上げるのは難しい?

冷えた状態では代謝が落ち、運動しても満足に筋力をアップさせられなくなってしまうので、冷え性の人はもちろんそうではない人も下半身をできるだけ冷やさないようにして毎日を過ごすようにしましょう。
それは運動のときだけではなく、普段の生活からして意識することが重要です。

 

上半身に比べて血流を上げるのが難しいのが下半身であるということは決して忘れないようにしてください。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

血流と体の関係

人が健康に生活するにあたって、血流というのは非常に重要なものになります。
血流が悪いままで生活していると、普段の生活から段々と体調が悪くなってきます。

 

肩こりがひどくなったり、頭痛を頻繁に起こすようになってしまったり、冷え性を起こす、代謝が悪くなり太りやすくなるなど、本当に様々な悪い影響を及ぼすようになります。
それらの原因は、血流にあることが多く、血流を良くすることで改善される体の不調というのは非常に多くあります。

 

もちろん、血流が悪いまま放置することで普段のちょっとした体の不調が起こるだけではなく、動脈硬化が起こり、更にそこから心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を発症するリスクもグンと高まってしまうので、“まぁいいか”で放置しておいて良いものではないのです。

 

そのため、血流は常に良い状態にしておくことが大切になります。
血流を正常な状態にしておくことで健康な体を維持することができるからです。

 

血流をあげるといっても、何の知識もない状態ではどうしたら良いのか、どこからどう気をつけていけばいいのか分からない人がほとんどでしょう。
ですが、血流をあげることは決して難しいことではありません。

 

食生活から入浴、運動・・・人が生活上行っていることの中で血流が悪くなる原因もあれば、反対に普段の生活で少し気をつけることで血流をあげることも可能なのです。

 

無理に生活パターンを大きく変えることなく、自分にできることからでも十分に改善効果は期待できますから、血流を良くする生活を送ることを心がけてみましょう。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21

 

血流を上げることは認知症にも効果がある

血流を上げるメリットとして大きいのが脳への影響になります。
この影響に関しては、認知症の予防に繋がるとされており、大きな効果が期待できるものになります。

 

食生活や、有酸素運動も脳の血流を上げるのに非常に効果的な方法と言えますが、それ以上に意外にも脳の血流アップに効果があるといわれているのが“脳トレ”といわれる脳を使う運動が重要になります。

 

例えば、簡単なもので良いので計算ドリルを行うとか、折り紙を折るといったものも立派な脳トレの1つになります。
その脳トレを行うこと自体も、脳の血流を上げる良い方法になります。
特に右脳と左脳を両方バランスよく、どちらか片方に大きく負担がかかることのないように働かせるようにすれば、更に効果が倍増するとも言われています。

 

その他にも、脳の血流を上げるにはカフェインを控えたり、タバコを吸っている人は禁煙を行うなどすることで脳の血流を上げることが可能となります。

 

また、一見そこまで脳を使っていないように思われる瞑想に関しても脳トレの1つといえ、脳の血流を上げることも可能となります。
とにかくリラックス効果が高いこと
これが1番の血流アップの理由になります。
呼吸が深くなりリラックスできることで認知症の予防に繋がるといわれているため、脳トレの合間や脳トレの後に行うことが良いとされています。

 

血流を上げることは認知症にも効果がある

血流は脳にも深く関わっています。
脳梗塞の予防にも繋がると言えますから、体が健康で血流など何も気にしていないと思っていても、脳の健康のためにも血流アップを心がけるようにしましょう。

 

脳だけに効果を期待するなら、食生活や運動だけではなく、脳トレを欠かさないようにしてください。

続きを読む≫ 2014/11/21 20:49:21